少しコツを意識するだけで良い

誰でも実践できる方法

広い場所で服を乾かそう

洗濯物が乾かないと、たたんで収納できないので待つ時間が長くなってしまいます。
早く乾かすために、洗濯物同士の空間を空けてください。
すると室内に湿気が溜まりにくいので、すばやく乾かすことができます、
湿気が溜まっているところで乾かすと、生乾きの臭いが服に付くデメリットがあるので注意しましょう。
湿気が溜まって困っている人は、除湿器を使ってください。

乾燥機よりも除湿器の方が、湿気をしっかり吸収できるので効果が大きいと言われています。
室内に新聞紙を吊るしたり、敷いたりするだけでも良いでしょう。
新聞紙が湿気を吸ってくれるので、いつでも室内を乾燥させられます。
洗濯物を短時間で乾かして、家事効率を高めてください。

自分で設定を変えよう

洗濯そのものに時間が掛かっている人が見られます。
それは、洗濯機のコースに問題があるのかもしれません。
もっと短いコースに変更してください。
短くても、服の汚れや臭いを落とせるので大丈夫です。
洗濯する時間は、15分ぐらいで十分でしょう。
その後にすすぎがあると思いますが、それは5分ほどに設定してください。

これまでは洗濯機を、50分ほど回していた人がいるのではないでしょうか。
しかし無駄な時間が掛かりますし、動かす時間が長くなると費用も高くなります。
短いコースに変更することで、時間だけでなく費用も削減することができます。
どの洗濯機も、自分でコースに変更できると思います。
設定を見直してから、洗濯に取り掛かってください。